センター紹介

センター長あいさつ

山梨県立大学看護実践開発研究センターは、看護の質的向上を目指して県内の保健医療福祉の実践現場に携わる看護職のために開かれたセンターです。近年少子高齢社会の加速によりケアを受ける対象は急増し、人々の求めるニーズも複雑多様となってきております。山梨県内においても,急性期医療はますますその機能向上が求められ、急性期を過ぎると施設内から施設外へとケアニーズは大幅にシフトしています。質の良い看護サービスを提供するために看護職は、あらゆる場において、自らの専門性を高め、最新の知識・技術でケアすることが求められます。

当センターは、大学の保有する人的・物的環境を広く地域に開放し、保健医療福祉のそれぞれの現場で活躍する看護職の“レベルアップ、スキルアップ、キャリアアップ、ブラッシュアップ”を支えます。具体的には、認定看護師の育成・支援、看護継続教育の支援、看護実践の開発と研究支援、高度専門職業人の支援、情報発信の5つの機能を備えました。

皆様からお寄せいただくご意見を大切に、学習者の利便性、効率性、成果向上を考え質の高い看護実践に寄与したいと思います。

センター長

実績・沿革

平成22年4月 山梨県立大学 看護実践開発研究センター設立
平成22年9月 開設記念式典・記念講演会開催
新人看護職員研修事業を山梨県より受託
CNS資格試験受験のためのコンサルテーション開講
平成22年10月 統計学講座開講
平成23年6月 緩和ケア認定看護師教育課程開講
平成23年10月 看護実践者の研究支援事業開始
平成23年10月 緩和ケア認定看護師教育課程修了生のためのフォローアップ研修開始

平成25年4月

山梨県初の「ELNEC-J」研修企画実施
平成26年6月 認知症看護認定看護師教育課程開講
平成27年9月 認知症看護認定看護師教育課程修了生のためのフォローアップ研修開始
平成28年4月 松野・望月看護研究費助成開始
看護教育支援ルームの設置
令和元年9月 山梨県立大学看護実践開発研究センター10周年記念事業

キャンパス紹介

センターの目的

看護実践の開発と研究支援
Nursing Development & Research

  •  委託事業
  •  共同研究
  •  研究指導
  •  データの蓄積

看護継続教育の支援
Continuing Nursing Education

  •  院内教育(施設内教育)プログラムの開発・支援
  •  外部からの依頼による講師の派遣
  •  技術指導
  •  技術訓練の場の提供
  •  キャリアアップのための相談
  •  現任教育の指導者育成

認定看護師の育成・支援
Education & Support forCertified Nurses

  •  資格取得に向けての支援
  •  資格取得後の支援

高度専門職業人の支援
Support for Nurse Specialists

  •  資格取得に向けての支援(CNS、認定看護管理者)
  •  資格取得後の支援(CNS、認定看護管理者)

情報発信
Information

  •  センター活動の情報
  •  キャリアアップのための情報

所在地

山梨県立大学 看護実践開発研究センター

〒400-0062

山梨県甲府市池田1-6-1

山梨県立大学池田キャンパス内

電話:055-269-7235

FAX:055-269-7236

交通案内

バス(JR中央本線 甲府駅 南口 山梨交通バス乗車場4番線)
中央病院経由竜王駅行き → 「県立大学看護学部」下車 徒歩3分
長塚行き・長塚経由敷島営業所行き → 「甲府城西高校」下車 徒歩5分
中央病院行き・中央病院経由敷島営業所行き → 「県立中央病院」下車 徒歩8分
飯田経由敷島営業所行き → 「県立中央病院入口」下車 徒歩10分

クリックすると拡大します

PAGE TOP ▲