緩和ケア認定コース

緩和ケア認定教育課程の目的。

緩和ケア認定教育課程の目的イメージ
  • 緩和ケアを受ける患者とその家族のQOL向上に向けて、水準の高い看護を実践する能力を育成する。
  • 緩和ケアの領域において、看護実践を通して他の看護職者に対して指導・相談ができる能力を育成する。

期待される能力

  1. 患者を全人的に理解し、QOLを維持・向上するために、専門性の高い看護を実践できる。
  2. コミュニケーションスキルを用いて緩和ケアを受ける患者・家族の価値観を理解し、患者・家族の価値観を尊重したケアを実践できる。
  3. 患者と家族の喪失・悲嘆に伴う適切な支援を行うことができる。
  4. 緩和ケアを受ける患者・家族の権利を擁護し、自己決定を尊重した看護を実践できる。
  5. より質の高い医療を推進するため、他職種と共働し、チームの一員として役割を果たすことができる。
  6. 緩和ケアを受ける患者・家族への看護実践を通じて、役割モデルを示し、看護職者への指導・相談を行うことができる。

カリキュラム

カリキュラム表

スケジュール

スケジュール表