センター日記

2016年10月アーカイブ

H28年度の研修が5月に始まり、はやいもので6ヶ月がたちました。
技術演習や看護過程等、6回の研修を終えました。
10月24・25日の看護過程および看護倫理・コミュニケーション演習には、
プリセプターの皆さまにも出席していただき、
ともに学ぶ研修となりました。
HPアップが遅れてしまいましたが、5月からの画像を一気に掲載したいと思います。

5月12日開講式
P1070077.JPG


















6月13日:与薬の技術、安全管理、感染予防の技術
P1030970.JPG


















8月1日:安楽体位とポジショニング、ストレスマネジメントとリラクセーション、
     フィジカルアセスメント

P1040775.JPG


















9月20日:症状・生体機能管理技術(採血、心電図測定)、救命救急処置技術とトリアージ
P1070801.JPG


















P1070840.JPG


















10月24・25日:看護過程、看護倫理・コミュニケーション技術
P1080068.JPG


















プリセプター交流会
 先輩看護師であるプリセプターの皆さまにお集まりいただき、
 交流会を行いました。
P1080083.JPG

山梨県立大学看護実践開発研究センター
〒400-0062 山梨県甲府市池田1-6-1 山梨県立大学 池田キャンパス内
TEL : 055-269-7235 / FAX : 055-269-7236

10月22日(土)に緩和ケアセミナーを開催しました。
基本的な知識を学び、その後、エンゼルメイク技術を習得するための
演習を行いました。
セミナーには看護職の方々、当学を修了した緩和ケア認定看護師の皆さま、そして
現在、緩和ケア認定看護師を目指して学んでいる履修生が参加しました。
P1080028.JPGP1080039.JPG

山梨県立大学看護実践開発研究センター
〒400-0062 山梨県甲府市池田1-6-1 山梨県立大学 池田キャンパス内
TEL : 055-269-7235 / FAX : 055-269-7236

平成28年10月22日(土)に、認知症看護認定看護師教育課程フォローアップ研修として
「事例分析」を行いました。

スーパーバイザーとして
老人看護専門看護師である山下由香先生をお招きしました。


P1050071.jpg



3事例の事例検討を行い、多角的なアセスメントの視点からの意見交換により、
看護実践の根拠を明確にし、意味づけを考えることにつながりました。
また、事例検討の意義や展開方法を学ぶ機会ともなりました。

P1050070.jpg


本研修では、1期修了生と2期修了生が共にワークに参加しました。
良い交流の場となり、今後のネットワークづくりの機会になりました。

 

P1050078.jpg

山梨県立大学看護実践開発研究センター
〒400-0062 山梨県甲府市池田1-6-1 山梨県立大学 池田キャンパス内
TEL : 055-269-7235 / FAX : 055-269-7236

実地指導者研修フォローアップに、H24年度からH27年度までの修了者17名が参加しました。
講師に東京大学医学部附属病院 精神看護専門看護師 中嶋須磨子先生をお迎えし、
コミュニケーションやストレスマネジメントの講義の他、プリセプター役割を担うなかでの
困難な場面について検討しました。
P1050055.JPG

山梨県立大学看護実践開発研究センター
〒400-0062 山梨県甲府市池田1-6-1 山梨県立大学 池田キャンパス内
TEL : 055-269-7235 / FAX : 055-269-7236

H28年度の研修が始まり、第1回が9月23日に行われました。
今年度の参加者は34名
2月まで、一緒に頑張っていきたいと思います!

P1070935.JPG


















P1070975.JPG

山梨県立大学看護実践開発研究センター
〒400-0062 山梨県甲府市池田1-6-1 山梨県立大学 池田キャンパス内
TEL : 055-269-7235 / FAX : 055-269-7236

1