センター日記

いよいよ実習へ...!!

認知症看護の履修生は、6月~8月初旬まで座学の日々が続き、認知症看護に関する専門的知識と共に、主体的に学ぶ姿勢を身につけました。

写真は、認知機能の測定、嚥下困難がある高齢者への安全な食事介助・介護者にとっても楽にできる体位変換の演習、認知症高齢者の尊厳についてのグループワークなどの場面です。履修生にとって、どの授業も興味深く、そして真剣な学習の機会です。P1010554.JPGP1010588.JPGP1010631.JPGP1010741.JPGP1010808.JPG 

プラス、同じ志を持つ仲間は、すごい!!"以心伝心"です。ある日、ボーダーシャツを着ている人がとても多かったことから、それなら全員がボーダーの一品を身に着けて集合!ということで、"ボーダーデイ(笑)"と称して、記念写真を撮りました。笑顔あふれる履修生の皆さんです。こんな楽しい"ひとコマ"もはさんでの座学の日々もそろそろ終わりに近づいています。科目試験の後、9月からはそれぞれの実習に臨みます。頑張ろう!!

山梨県立大学看護実践開発研究センター
〒400-0062 山梨県甲府市池田1-6-1 山梨県立大学 池田キャンパス内
TEL : 055-269-7235 / FAX : 055-269-7236

最新の記事

カテゴリー

過去の記事

「緩和ケア」認定看護師教育課程

「認知症看護」認定看護師教育課程

研修会・公開講座のご案内